2008年01月16日

幻の黒豚〜モーラ・ロマニョーラ(More Romagnola)の薀蓄話

幻の黒豚〜モーラ・ロマニョーラ(More Romagnola)の薀蓄話
最近ブームの“イベリコ豚”。ところがイベリコ豚より美味しい幻の豚がいるのをご存知ですか?その豚とは【幻の黒豚〜モーラ・ロマニョーラ(More Romagnola)】。モーラ・ロマニョーラのどこがそんなにスゴイのでしょう。



イベリコ豚の美味しさの秘密は脂。どんぐりを餌にしているので、オレイン酸が多く含まれ、脂身が霜降り状態になり普通の豚肉と違ってさらりとして甘みがあるのが特徴。幻の黒豚モーラ・ロマニョーラ(More Romagnola)の美味しさの秘密もイベリコ豚と同じ脂身!でもイベリコ豚によりもっと慈悲深い味わいがあるのです。イベリコ豚はスペインの西部地方で飼育される豚を指しますが、モーラ・ロマニョーラが育つのはイタリア。エミーリア・ロマニョーラ州ラヴェンナ地方(どこ?)原産の黒豚で、なんと現在たったの450頭しかいません。その450とうすべてがきちんと登録され、完全飼育されている貴重な豚。このモーラ・ロマニョーラ(More Romagnola)は広大な耕地に僅かな数の黒豚が自由に動きまくり、主に果実を食べて育つ非常に珍しい黒豚です。

モーラ・ロマニョーラ(More Romagnola)の身は美しいピンク色のお肉。見るからに柔らかそうで、全体に刺しが入っているので火を通しても硬くならず、脂身がとろけだします。その脂身もフルーティーで一口食べた瞬間に「この豚はすごい」とわかります。そんな幻の黒豚がモーラ・ロマニョーラ(More Romagnola)です。



通販 取り寄せ レストラン 店 ディナー ランチ 販売


posted by 美味しん簿 at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

参協味蕾豚(さんきょうみらいぶた)の薀蓄(うんちく)話

参協味蕾豚(さんきょうみらいぶた)の薀蓄(うんちく)話
旨み・甘み・食感。最高にバランスの取れた極上の豚肉「参協味蕾豚」
【極上の豚】といわれるほど希少な参協味蕾豚(さんきょうみらいぶた)。焼酎の蔵元が多いことでも知られる宮崎県尾鈴山の湧水とその麓の澄み切った空気と飼料、飲水にまでこだわって丹念に育てられた参協味蕾豚の旨味、甘み、食感の全てにおいてのバランスのとれた極上の肉質は、黒豚と比べ、脂身が少ないのも特徴で、美容と健康にも注目されています。龍園のしゃぶしゃぶは参協味蕾豚の素材を生かす為、独自の製法で仕上げたあっさりとした京風だしや薬味の全てにおいてこだわった最高級のしゃぶしゃぶです。龍園自慢の「参協味蕾豚しゃぶしゃぶ」を是非ご家庭でもご堪能ください。



参協味蕾豚は安心
尾鈴山麓の清らかな湧き水と澄み切った空気の中、徹底した衛生管理のもと、健康的に育った安心・安全な豚肉です。

参協味蕾豚は健康的
一般の豚肉に比べ私たちの体を構成するたんぱく質を作る遊離アミノ酸を多く含んでおり、食べていただく方の健康にも気を配った豚肉です。

参協味蕾豚の美味しさ
「これぞ豚肉の味」と言われるよう本物の味を徹底追及した参協味蕾豚は、マイロ・麦類を主体とした飼料を与えることにより、肉全体にまろやかな独特の甘みと旨みがある豚肉です。


参協味蕾豚 直販 販売 おとりよせ 調理法 料理法 しゃぶしゃぶ
ステーキ レシピ みらい豚 昼食 レストラン 通販
posted by 美味しん簿 at 22:15| Comment(2) | TrackBack(2) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

阿波ポークの薀蓄(うんちく)話≪阿波三畜≫

阿波ポークの薀蓄(うんちく)話≪阿波三畜≫
おいしさにこだわり10余年の歳月をかけて生まれたのが阿波三畜のひとつ「阿波ポーク」です。 徳島県が開発した系統豚アワヨークをもとにして、ランドレース種、デュロック種を組み合わせて生まれた阿波ポークは、適度な脂肪分を保ちながら柔らかくしまりが良いバランスの取れた豚肉との定評を得ています。指定配合飼料に鳴門ワカメと大麦20%を加えた飼料で育てられ、赤肉・脂肪の品質バランスの取れた豚肉で、特に大麦給与により脂肪質が良く、柔らかさ、風味に優れた甘味を感じさせるポークです。阿波ポークにはビタミンB1が多く含まれており、香りがよく低脂肪でヘルシーなのでたくさん食べられて女性にも大人気。どんな料理法にも合い、トンカツやステーキ、しゃぶしゃぶなど最適です。



阿波ポークの定義
・徳島県で造生産され徳島県で育てられた銘柄豚です。
・阿波ポークブランド確立対策評議会から指定された農場で生産され、指定されたお店でのみ販売されます。
・徳島県の系統豚アワヨークと他品種の決められた系統豚を組み合わせて生産します。
・格付けは「中物」以上。
・抗生物質を使用しない(65kg以降)。
・スタンダードタイプとスペシャルタイプの2種類があります

<スタンダードタイプ>
アワヨーク・ランドレース種・デュロック種を組み合わせたもの
<スペシャルタイプ>
スタンダードタイプの豚を指定専用飼料(大麦20%以上など)で飼育した高品質豚肉です。



定義 阿波ポークブランド確立対策協議会 お取り寄せ
おとりよせ 通販 料理方法 店
posted by 美味しん簿 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

霧島黒豚〜黒豚の中の黒豚、最高級黒豚を志向するブランド豚〜

ブランド豚「霧島黒豚」の薀蓄(うんちく)話
宮崎県と鹿児島の間に位置する雄大な霧島連山の麓で、太陽の光りをたっぷり浴びて、のんびりと育った「霧島黒豚」。黒豚の中でも味が良いとされる「イギリス系バークシャー種の原種豚」で、頭数が少なく市場にはほとんど出回らず、希少価値の高い豚です。霧島黒豚の肉質の良さは随一で、歯切れがよく驚くほどジューシー&しっとり♪脂肪もさっぱりと独特の甘みがあり、黒豚特有のコクを心いくまで堪能できます。

「霧島黒豚の秘密」

〜肉の筋繊維と脂肪〜
霧島黒豚は食べると締まってモチのような食感が出ることから”モチニク”と賞賛されています。その秘密は、黒豚の肉質です。霧島黒豚の筋繊維は他品種に比べ細く、肉の保水力としまりが良く独特の食感とうまみをかもし出します。骨格筋にはアミノ酸の一種でもあるカルノシンが多く含まれており、おいしさの原点である独特の甘みを有しています。霧島黒豚の脂肪は良質の脂肪である飽和脂肪酸の含有量が多く、「白肉」と言われるくらい良質で、美味です。



〜簡単に増やせない生産頭数〜
霧島黒豚の最大の欠点は産子数の少ないことです。白豚は一回に10〜11頭の子豚を生みますが、黒豚は一回に平均7〜8頭しか産めません。野生的な体質を多く残しており、飼育管理が非常に困難です。喧嘩をする、飼育期間が長い、など野生種独特の難しさがあります。霧島黒豚特有の肉質や、産子数の少なさ、飼育管理の難しさがあるからこそ、価値があるのです。



通販 林兼産業
posted by 美味しん簿 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(1) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

どっちの料理ショーやおとなの週末にも登場した幻のブランド豚「白石農場の古代豚」

ブランド豚・白石農場の古代豚
白石農場の古代豚。
どっちの料理ショーやおとなの週末にも登場した幻のブランド豚


古代豚とは、読んで字の如く、古代からの豚。昭和30年代まで、日本で飼われていた豚のほとんどは、「中ヨークシャー種」という品種でした。この中ヨーク系、黒豚以上といわれるきめ細やかな肉質、そして良質な脂身を持ち備えた美味しい豚なのですが、ご覧のとおり胴体部分が非常に短く、かなり小型の豚です。さらに成長が遅い為お肉になるまでに時間のかかる豚なのです。生産効率が悪いという点で、今では白石さん以外に全国で数件の農家でしが飼育されていません。日本とイギリスにほんのわずかしか残っていない天然記念物級の貴重で高価な豚となってしまったのです。



昭和30年以降、全国で主流になったのはランドレース系。食肉産業が発展するにつれ、より良い生産効率が求められ、改良に改良を重ね、ご覧のとおり胴体部分が非常に長くなりました。 つまり、お肉がたくさんできるのです。結果、足腰も弱くなりストレスや病気を引き起こします。肥らすだけのエサ、そして大量の抗生物質。 当然肉質も悪い豚になります。昔ながらの噛めば噛むほど豚本来の風味が広がる白石さんの豚とは対照的です。

どっちの料理ショーやおとなの週末にも登場した幻のブランド豚「古代豚」
品種による美味しさが7割とはいえ、やはり白石さんの豚へのこだわりは徹底してます。良質な脂身、そしてきめ細やかな肉質となるよう、納豆菌、ビール酵母、乳酸菌などの有益微生物を飼料に配合し豚の健康に役立てています。また、母豚にはデザートとして青物や稲ワラを与えており母豚の健康管理を行なっています。

posted by 美味しん簿 at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

梅エキスで育てた安全で美味しい豚肉「天草梅肉ポーク」

梅エキスで育てた安全で美味しい豚肉「天草梅肉ポーク」
梅エキスで育てた安全で美味しい豚肉「天草梅肉ポーク」

天然の梅肉エキスを豚に与える独自の飼養技術で安全で安心、しかもおいしい「天草梅肉ポーク」。青梅と黒砂糖を混ぜてつけ込み3ヶ月ほど発酵させたエキスを開発、特許申請も認められました。梅肉エキスの最大の長所は豚に抗生物質や殺菌剤を投与する必要がなくなったことです。子豚の出世時から、抗生物質や抗菌剤などの投与を一切無くし、抗酸化作用を持つ天然梅肉エキスを与えています。豚肉の検査でも、抗生物質等は検出されていません。豚肉からのドリップ(汁)が少なく、ポークの肉質を調べてみるとPHが高くアルカリ性に近いため甘みがあること、脂肪酸が高くなって歯切れや舌触りがよく脂肪そのものもクセがない、また血中のコレステロールを減らし脳の活性化に役立つリノレン酸が普通の肉より多くなっています。梅肉エキスを与えて豚の腸の働きを活発にし、ストレスを減らして肉質を向上させた豚。あっさりした脂で、縮みが少なく、箸で切れるほどの軟らかさが特徴です。保存期間は普通の豚肉の約2倍と、とても優秀な豚肉です。



SPF豚とは?
Specific(特定)Pathogen(病原体)free(不在)の頭文字をとった略語で、特定病原体(トキソプラズマ、オーエスキー病、萎縮性鼻炎、豚マイコプラズマ肺炎、豚赤痢の5つの病気で豚の成長が悪くなったり死亡する病気です)をもっていない健康な豚です。SPF豚は元気で病気によるストレスがないので豚の発育が大変良いので添加剤に頼る必要がありません

天草梅肉ポークの特徴
穀物に梅肉エキスを混ぜて豚に給餌することで腸の働きが活性化し、ストレスの発生を少なくします。抗生物質や抗菌剤がゼロで安全・安心。豚肉の脂肪融点が高いため、はしでも切れるくらいやわらかい・くさみがない・舌ざわりがよいもち豚みたいに弾力のある肉に仕上がりました。また、リノレン酸が普通の豚肉よりも多いため、コレステロールの低減・脳の活性化・ガンの抑制・視力の低下抑制・アレルギー性疾患の抑制の効果があります。そして鮮度は普通の豚肉よりも長持ちします。

豚肉の主な効用
疲労回復、夏ばて、美肌、精神安定、動脈硬化に効果があります。

豊富なビタミンB
豚肉には三大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質)の代謝を助けるビタミンB郡が豊富です。そのなかでも豚肉には他のお肉と比べても数倍のビタミンB1がふくまれています(牛肉と比べたらなんと!10倍ものビタミンB1が含まれているのです)ビタミンB1はお米などの糖質の分解を助けエネルギーにかえるという過程で重要な働きをしますのでお米が主食のわたしたちに必要不可欠の栄養素といえます。またビタミンB1が不足すると集中力低下、疲労感、気分がふさぐ、イライラする、などの症状があらわれますのでストレスが多い現代人にはなくてはならない栄養素です

【豚肉に含まれているもの】

・牛肉の10倍の熱にも強いビタミンB1
・ビタミンB2(肥満予防に効果があります)
・たんぱく質
・脂質(カロリーが多いと思われがちですが、ばら肉以外は牛や鶏とほとんど変わりません)
・オレイン酸(悪玉コレステロールだけを減少させる働きがあります)



SPF豚 とんかつ SPF豚 ビジネス SPF豚 敷料 SPF豚 飼育方法
SPF豚 2005年 SPF豚 断面図
posted by 美味しん簿 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

“健康でおいしい”を追求した「越後もち豚」

2.jpg

越後もち豚とは・・・ ”健康でおいしい”ことを追求し、「日本人の嗜好にマッチした安全でおいしい日本一の豚肉を作ろう」を合言葉に全国85の養豚家が「グローバルピッグファーム株式会社」を結成。25年にわたり自分達で育種した種豚を使い、安全な原料だけを使った飼料と徹底した豚の健康管理をしてつくられた豚です。日本人の好みに合った、柔らかくて風味のあるおいしい豚肉で、豚肉に特有の臭みが少ないため、さまざまな料理に幅広く使えるのが特徴です。

美味しさの秘訣は・・・ 品種もそのひとつですが、飼料にもこだわり、高品質のトウモロコシなど植物原料をベースにしていて、出所の分からないモノや、添加物としての抗生物質は一切使用していません。豚の飼育は実際には価格ばかりを追求するあまり、低品質で旨味のない豚肉も多く出回っているのが現実です。しかし、「もち豚」は違います。豚はとても環境に左右されやすい動物で、ストレスを与えられて育った豚は肉質が悪くなってしまいます。養豚専門の獣医による健康管理、衛生管理の徹底など、品種から成育までこだわり抜き、全てがそろって「もち豚」となるのです。

食感 しこしことした肉本来の食感を保ちつつみずみずしく「きめ」の細かい柔らかさが特徴的。繊細な日本人の食感を満足させます。

香り 生産者のこだわりは「自家配合飼料」、良質なコーンや大豆ミールの蛋白質で「特有の臭み」がありません。肉骨粉は一切不使用。

旨み かろやかな甘味のある「上質な脂」、豊富なビタミン、オレイン酸は健康にもよいのです。味の職人達も太鼓判、ジューシーなお肉です。

あじ しっとりと保水性のよさは、茹でた時のアクが少ないことが証明しています。ドリップが少なくお肉の美味しさを逃しません。



越後もち豚 ギフト 越後もち豚 豚角煮弁当 通販 直販 お取り寄せ
ラベル:越後もち豚
posted by 美味しん簿 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

特選素材にも選ばれた源ファームのホエー豚

ホエー豚

源ファームの豚には、チーズ作りの際にできる「ホエー」が与えらています。生きた乳酸菌により、よりいっそう健康に育ち、しっとりとした脂肪とやわらかな赤身肉が魅力の「源ファーム・ホエー豚」の秘密に迫ります!!

ホエーとはチーズを作りの際に、牛乳を固めたあとに残る乳清と呼ばれる水分です。味は人間が飲んでも甘くて美味しい!(ヨーグルトに浮いている半透明の液体とほぼ同じ)豚はこのホエーが大好きで、ホエーを与えるときはみんなすごい勢いで寄ってきて、ブヒブヒと他の豚を押しのけて飲むほど!!

★ホエーとは??

ホエーとはチーズを作りの際に、牛乳を固めたあとに残る乳清と呼ばれる水分です。 味は人間が飲んでも甘くて美味しい!(ヨーグルトに浮いている半透明の液体とほぼ同じ) 豚はこのホエーが大好きで、ホエーを与えるときはみんなすごい勢いで寄ってきて、ブヒブヒと他の豚を押しのけて飲むほど!!

★ホエーを与えると、なぜ美味しい豚肉になるの?

チーズを作るときに残る液体ですから、まだまだ生きた乳酸菌や乳糖などの栄養分・ミネラル分が豊富に残っています。生きた乳酸菌は整腸作用など、菌に弱い豚にとって健康維持には効果テキメン!抗生物質などの投薬を極端に減らすことができ、安全で健康な豚=美味しい豚を育てることができます。

★お肌つやつや!目がイキイキ☆

標準豚とホエー豚を比較すると、ホエー豚の方が

・不飽和脂肪酸が多い → 酸化されにくいこの脂肪酸はオリーブオイルと同じように、 動脈硬化や心臓病などの多くの現代病を予防する働きがあります。

・保水性が高い → アクが出にくい。

という特徴があります。しかし、まだまだ効果については研究段階。 源さんいわく、「豚のハダの色が違う!目がイキイキしている!」体調を崩している豚も、飲むと元気になるそう!大好物なものを与えられたときの喜び、満足感が人間と同じようにメンタルな作用を引き起こし、美味しさに多分に影響するといえるのではないでしょうか。

【ホエー豚を食べてみたい!】

posted by 美味しん簿 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牛肉を超えた美味しさ・【ブランド豚】松坂ポークの生姜焼

【ブランド豚】松坂ポーク

見た目にも色鮮やかで、肉に弾力がある。身は澄んだきれいな赤色、脂肪は真っ白で水っぽくない、肉質はモチモチしたいわゆる餅肌でキメ細かい。噛むとサックとした歯ざわりで、甘い肉汁がジュワーッとしみでてくる。赤身の味わいが、脂肪の甘さ、まろやかさとほどよく調味し、風味がある。一口食べたら、もう一口食べたくなる。食べ続けても飽きがこない。そんなブランド豚です。

☆★☆ 【ブランド豚】松阪ポークとは? ☆★☆

牛肉を超えた美味しさを追求!!

商標登録されている、安心、安全の四日市畜産組合推奨品「完全自然有機豚」です。短期間で早く大きくした豚と比べ、味と、肉質のよさがはっきり現れます。肉のきめ細かさ、弾力、保水性、味の良さなどより成熟度の高い中身の詰まった肉が生み出されます。

※通常豚の場合5〜6ヶ月飼育

◎松阪ポークの場合7〜8ヶ月飼育

★牛肉を超えた美味しさ・松坂ポークを生姜焼きで★

posted by 美味しん簿 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

豚肉の最高峰『イベリコ豚』

イベリコ豚

イベリコ豚はスペインイベリア半島に住む半野生の黒豚です。生まれて母豚から乳離れし餌を探し始める頃イベリアの森はたわわにどんぐりが実ります。そのどんぐりを食べて育ったのがイベリコ豚です。

100%どんぐりを食べて大きくなったイベリコ豚を特にベジョーダといいます。ちょっと時期がずれてどんぐりだけでは食べたりず飼育用の餌を25%あたえたイベリコ豚はレセボといわれます。さらに時期がずれて飼育用の餌を50%ほど食べたイベリコ豚はピエンソといいます。

大きくなるのにどのくらいどんぐりの実を食べたかで3種類に区別されるのです。ですから100%どんぐりの実を食べた【イベリコ豚ベジョーダ】は秋からどんぐりを食べ初めてちょうど2月ごろから5月ごろまで出荷販売されます。
(今現在出回っているのは冷凍だけ)

【もっと詳しく!はこちら】

イベリコ豚の一番の魅力はその脂身にあります。それはさらっとした食感の脂で甘くかおり口の中でとろけていくのです。想像してみてください。お気に入りのアイスクリームを食べるときのあの感覚……。 木の実のどんぐりを食べたことによりその脂身はオリーブオイルなどの果実オイルと全く同じ100%オレイン酸なのです♪(豚肉なのに……!!)

イベリコ豚の第2の魅力は健康なお肉であること。 イベリヤの美しい公園と見まがうような樫の木の森で自然に近い状態で放牧されるイベリコ豚は健康です。天気に恵まれた日は朝早くから自由に森の中を散策し食べたいだけのどんぐりをお腹いっぱいに食べるのがお仕事♪ (いいなぁ……)この自由な放牧が適度にサシが入った健康なイベリコ豚にしてくれます。

さらにイベリコ豚の魅力は簡単に焼く料理が一番美味しいということ。
イベリコ豚の生ハム【ハモンイベリコ】は世界で一番美味しい素晴らしい保存食です。その生ハムを作るのに使う【イベリコの塩】をつかって焼くのが一番です。ロースでもカルビでもセクレタでもほほ肉でもそれが一番美味しいのです。もちろんほほ肉やセクレタは煮込み料理にしても上品な脂のかおりで肉が縮んでしまうことも無くポトフーやクリーム煮さらにデミグラスソースでシチュウ仕立にしても上品な味わいを堪能していただけます。

【もっと詳しく!はこちら】



生ハム レシピ レストラン とんかつ 料理 通販
ベジョータ セクレート ハモン イベリコ屋
posted by 美味しん簿 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。