2008年01月08日

幻のマダカ鮑(マタカ鮑)の薀蓄話


幻のマダカ鮑(マタカ鮑)
房州地方で「マタ」あるいは「マタゲエ」と称されるマダカ鮑(マダカアワビ)は他の2種のアワビ(メガイ、クロ)と比べると一回り大きく、立派な貝。幻のマダカ鮑(マタカ鮑)は肉厚で柔らかく、質共に最高と評価され、現在では3種中最高価格で取引されています。日本アワビ界の三冠王です。マダカアワビの産出は現在では3種中最も少なく全体の1%にも満たず、生息数が少ない上に生息水深が深いので、マダカアワビを採取できる海女(もしくは海士)は熟練者に限られています。



マダカ鮑(マタカ鮑)の名前の由来
マダカアワビは殻から飛び出た目の部分が他のアワビよりも大きいことから「目高」アワビと名付けられました。市場ではあまり見かけませんが、他のアワビよりも殻が厚く身が太いアワビです。


マダカ鮑 マタカ鮑 マダカアワビ 稚貝 幻 通販 取り寄せ 目高鮑 目高アワビ


posted by 美味しん簿 at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アワビって鮑と書くんですね…知らなかった;;
アワビは、高いから舌が肥える!!との理由で
大人になってから、初めて食べました♪
未だに、なかなか手が出ません^^;
Posted by Raika at 2008年01月13日 18:57
こんにちは。
普段はなかなか口にする機会のない食材ですよね。旅に出たときに現地ならではの鮑を頂くのも楽しいですよ^^
Posted by 美味しん簿 at 2008年01月19日 11:18
なるほど…
まずは、旅行に行く為の資金をためないと(笑)
Posted by Raika at 2008年01月20日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。