2008年01月05日

チャンピオン牛(チャンピョン牛)の薀蓄話

チャンピオン牛(チャンピョン牛)の薀蓄話
松阪牛、前沢牛、飛騨牛、神戸ビーフ……。垂涎の「ブランド牛」の中でも、最高峰の品質を誇る「チャンピオン牛」。高価なブランド牛の中でも「チャンピオン牛」と呼ばれ、各地で開かれるコンテストで入賞したチャンピョン牛は、その中でも際立って高価です。例えば、数年前の「松阪肉牛共進会」での最優秀牛、つまりチャンピオン牛は1頭あたり5,000万円の値がつきました。さすがにこれは異常ですが、ブランド牛が一同に会する「全国肉用牛枝肉共励会」(全国大会のようなもの)で前沢牛が優勝した際もチャンピョン牛1頭700万円を超えたそうです。



そんなチャンピオン牛のサーロインステーキはいったいいくらになるのかと言えば……。商売と割り切って計算していくと、なんとチャンピオン牛のステーキ1枚の原価が10万円を軽く超す。つまり、15万でチャンピョン牛のステーキ販売したとしても店は超赤字ということになります。もはや一般市民には雲の上の話ですが、決してあり得ないわけではないのが和牛の世界。世の中で、これだけの値段が付くのは近海本マグロと和牛くらいなものです。



チャンピョン牛 チャンピオン牛 通販 店 お取り寄せ


posted by 美味しん簿 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド牛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。