2007年12月25日

幻のそうめん「三神」揖保乃糸・揖保の糸

幻のそうめん「三神」揖保乃糸・揖保の糸
幻のそうめん「三神」
有名な播州龍野の手延べ素麺「揖保乃糸」には、上級と特級があります。「三神」はその特急の最上位にランクされる最高級そうめんで「幻のそうめん」とよばれています。揖保乃糸は兵庫県手延素麺協同組合が厳密にブランドを管理しており、三神は上級品より1ランク上の原料小麦粉と天塩を使用し、組合が選抜指定した3軒の熟練生産者でしか生産できないため、生産量はごく僅か。手延そうめん「揖保乃糸」の最高級品です。三神は細めの素麺で、黒帯に三神の金文字が目印になっています。通販での出品は稀で、百貨店の贈答品として見かける程度です。高価ですが、内容を考えればお買い得です。「価値のあるものにこだわる方」に三神をお薦めします。



揖保の糸そうめんの等級について
※ページ右下部分にあります

揖保乃糸の歴史
播州地区での素麺の生産の歴史は古く、斑鳩寺(揖保郡太子町)の古文書「鵤庄引付」(1418年)に”サウメン”の記述、伊和神社(宍粟市一宮町)社殿造営の祝言に”素麺”を使う(1461年)等に記録が見られます。播州でそうめんづくりが本格的になったのは、江戸時代の安永頃(1771年〜1780年)だと考えられ、当時は龍野藩の「許可業種」として奨励されていたようです。また伝統の「揖保乃糸」の産地化は、龍野藩が著名な産物の保護育成を始めた文化年間頃(1804年〜1818年)からだと考えられます。


揖保の糸 三神 素麺 三神 通販 取り寄せ


posted by 美味しん簿 at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | Japanese noodles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
揖保乃糸を専門にしたお店が、品川、赤坂、銀座にありますよね。よく食べにいきます。色んな飲食店を探している時に、飲食専門で首都圏に特化した形で求人をご紹介したサイトがありました。とても利用しやすいサイトで飲食求人がたくさんありでおススメです☆
http://www.job-des.com/
Posted by そうめん好き at 2007年12月26日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。