2007年12月20日

水沢牛の薀蓄(うんちく)話

水沢牛の薀蓄(うんちく)話
水沢牛の定義 水沢牛とは、水沢市内で肥育されたもののうち、肉質等級4以上のものだけを定義します。平成元年に『全国肉用牛枝肉共励会』で優勝したのをきっかけに全国に名を広めた。後発ブランドとしては珍しく、メス牛比率が高く、また、同じ岩手県の前沢牛の手本となったとも言われています。



水沢牛のおいしさの秘密 良質の乾草と水沢米(ひとめぼれ・ササニシキ)の稲ワラを与える事と新鮮な水が、うまさの決め手となって上質な霜降り牛肉を造りあげています。



通販 ステーキ 店 取り寄せ 昼食
サーロイン フィレ ヒレ


posted by 美味しん簿 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(1) | ブランド牛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

前沢牛の美味しいはなし
Excerpt: 前沢牛は最も権威のある牛肉の品評会で4年連続を含む6度も日本一に輝いた。 民謡の「南部牛追い唄」にも唄われているとおり、前沢町は昔から牛とは縁深い土地柄です。 前沢町の冷涼で内陸性の穏やかな気候と..
Weblog: 牛肉の美味しいはなし
Tracked: 2008-05-16 18:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。