2007年12月13日

阿波三畜「阿波牛」の薀蓄(うんちく)話≪阿波三畜≫

阿波三畜「阿波牛」の薀蓄(うんちく)話
全国には200以上の銘柄牛(松坂牛・神戸牛・米沢牛・近江牛等)があります。その中でも「阿波牛」は全国的に見てもトップクラスの品質 です。肉質、風味、色合い、食感ともに優秀で、安心しておいしくいただける、阿波三畜のひとつが「阿波牛」なのです。 徳島県で大切に育てられた純潔の徳島黒毛和牛を、厳しい目で厳選し、枝肉にしたものだけを商品化します。最高の黒毛和牛を育てるためには、血統5割、餌3割、管理2割と言われています。吉野川の肥沃な土壌で育て製品化した良質の飼料とワラを食べて育ちます。 吉野川は「四国三郎」の別名を持ち、清流としても有名な河川です。そんな中、一頭一頭の成長に合わせて愛情を込めて育てられます。



阿波牛の美味しさの秘密
やわらかくキメの細かい肉質。しっとりとした手触りが特徴。それでいて適度にしまった上質の肉はどんなお肉料理にしても最適です。鮮やかな赤身に乳白色の脂肪が霜降り状に入り、口の中に入れたときの食感はとろけるようで、何とも形容しがたいほどの上質なお肉です。

阿波牛の定義
阿波牛とは下記6つのの基準を満たしている牛肉に限られています。
1.徳島県内で肥育された血統明確な黒毛和牛。
2.(社)日本食肉格付協会の実施する格付けによる歩留り等級がAまたはBであり、肉質等級4以上のもの。
3.生産者の特定がされている。
4.流通経路がはっきりしている。
5.出荷月齢が30ヶ月以上。
6.出荷体重が720kg以上。



posted by 美味しん簿 at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランド牛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鶏肉は、国産5kgでいくらしか買ってないからなぁ;;
美味しくて新鮮なものは、鳥刺しとかで食べると美味しいですよね〜
その地方の名前を冠した食品は、美味しいんだけど、なかなか手がでないなぁ><
Posted by Raika at 2007年12月15日 00:53
こんばんは^^
むかしながらのトリは鳥刺しも好きだし、鍋もサイコーですよ☆
Posted by 美味しん簿 at 2007年12月18日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。