2007年12月11日

アサヒガニ(あさひ蟹)の薀蓄(うんちく)話

アサヒガニ(旭ガニ・あさひ蟹)の薀蓄(うんちく)話
旭ガニ(あさひがに)とは、縦長の甲が特徴の南方系の蟹です。日本では、四国・九州・沖縄がおもな産地です。肉量が多く、きわめて淡白な味なのでどんな味付けにも合い、世界各地で利用されています。旬は冬で、日本では宮崎の日向灘など九州南部で多く漁獲されます。甲羅内に白い身と黄褐色の中腸腺(カニミソ)が詰まっていて、塩茹でや鍋料理などで食べられる。美味なカニとして祝いの席などに出されることもあります。別名、カブトガニ、ヨロイガニ、ショウジョウガニ(猩猩蟹)などとも呼ばれます。



尻尾も生えてるし、なかなか独特の形状をしている旭ガニ(アサヒガニ)。気になる味の方は、エビに似た形状だからでしょうか?ほのかな甘みが売りで、カニ類の中ではさっぱりとしています。 特筆すべきポイントは、ずばり身の量です。茹でたアサヒガニをかぱっとあけると、見事なまでの身の量。いわゆる足を食べるカニとは違い、身をむく煩わしさ?から解放されます(中にはそれがいいと言う人もいます・・・)。

この蟹は、絶対見た目で損をしています。なんとも珍しいいでたちの旭ガニ(アサヒガニ)。茹でる前からすでに赤いし、カニと名前はついてるけど…カニ?と疑ってしまいます。とにかく甘いし、身がパンッパンに詰まっていて、食べ応えは十二分です。



旬 通販 レシピ 宮崎 市場 旭蟹 朝日蟹 料理 食べ方


posted by 美味しん簿 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランド蟹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
珍しい形の蟹ですね^^
正直、みたことないです…尻尾まであるとはw
見かけたら食べて見たいものですけど…
高かったら、眺めるだけになりそうですw
Posted by Raika at 2007年12月11日 21:43
あひさがには、結構安く手に入ります。でも普通の店にはあんまり置いてないので、ネットが便利ですよ^^現地では蒸したものを二倍酢で食べることが多いようです。
Posted by 美味しん簿 at 2007年12月13日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。