2007年12月09日

村上牛の薀蓄(うんちく)話〜ステーキ〜

村上牛の薀蓄(うんちく)話〜ステーキ〜
村上牛は良質な素牛を厳選し、コシヒカリの稲藁と乾草存分に与え約2年、山紫水明・風光明媚な土地環境、そして人情の豊かさを織り交ぜて育て上げた和牛、色鮮やかで風味良く「一味ちがう黒毛和牛」と賞される。村上牛は「にいがた和牛推進協議会」が特例として認めた地域ブランドで、岩船郡市及び黒川村のJAを通じ出荷される、A−5、A−4、B−5、B−4以上の等級の品質を持つ黒毛和牛について認定される。平成8年度と平成15年度には、全国肉用牛枝肉共励会において、最高位の名誉賞(全国一)に輝き、高級ブランド『村上牛』として勢いがでてきたブランドです。



村上牛はサシも適度に入った極上肉で、その肉質は色彩やかで風味良く、良質の脂は人の体温で溶けるほどです。村上牛牛肉の質は色ツヤや締まり加減、きめの細かさ、脂肪の色と質などによって味が決まりますが、村上牛は脂肪の細かい網目のような入り方と、乳白色でしっとりと粘りのある脂質が特徴的です。特に村上牛のサーロインステーキは絶品です。

村上牛をバックアップする組織として「村上牛友の会」がある。これは地元瀬波温泉の4旅館、村上市内の旅館、料亭、割烹16店、精肉店(直売のお店)6店から構成され、地元育ちの高級ブランド和牛「村上牛」をより多くの人に味わってもらおうと、村上牛の新メニューの開発のための料理研究会開催・情報の交換など村上牛の普及に取り組んでいます。



ステーキ お店 直売 焼肉 肉 等級 ファーム レストラン


posted by 美味しん簿 at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランド牛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
村上牛に限らず美味しいものは、たくさんの人に支えられて、作られているんですね^^
でも、高そうでおいらには手が出せそうにないですな…
Posted by Raika at 2007年12月11日 19:45
こんばんは。
いつもありがとうございます。
そうですね、1人でできることは限られます。みんなが協力して大きなことができるんですよねー。
Posted by 美味しん簿 at 2007年12月13日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。