2007年11月27日

最高級品質の三国産・越前産の越前がに

福井県といえば越前かにといわれるほど、越前カニは代表的な冬の味覚です。越前がには皇室へ献上することでも有名なほど、おいしいと大変定評があります。プロや食通が最高峰と絶賛する冬の味覚の王者「越前かに」は、東京をはじめ全国の高級料亭などで多く扱われ、「越前かに」でなければ扱わないという店があるほど垂涎の的の品なのです。「越前がに」という名称でよばれるのは、福井県沖で水揚げされる、ズワイガニの雄のみ。まさしくズワイガニの中のズワイガニ、蟹の王様です。福井では、雄は「越前がに」、雌は「せいこがに」と呼ばれています。福井県沖の海底の土壌と海流がズワイガニの生育にとって条件が良いようで、その証に身や味噌のつまり具合は、今にもはじけそうなくらいです。食感・旨み、どれをとっても日本一と自負できるほどなのです。



越前がにが美味しい理由・その1
越前海岸沖は暖流と寒流が交わる良質の漁場"若狭湾"が目の前にあるためプランクトンや小魚が多く、甘えびやカレイなど、一年を通して様々な海産物が豊富に獲れる場所です。越前かにが旨いのもそうした豊かな海に揉まれ育まれているからでしょう。

越前がにが美味しい理由・その2
漁は底引き網漁です。操業には制限があり甲幅9cm以下のものはただちに放流します。日帰り漁のため越前かにのほとんどが活きたまま越前港へ水揚げされます。

越前がにが美味しい理由・その3
カニはタンパク質が豊富ですが、脂肪分はあまりありません。高蛋白質低カロリーの理想的な食材です。

越前ガニのメス「せいこがに」
あふれんばかりの外子。これを見ただけでファンの方はよだれがでてしまうほど。 外子は蟹の卵なんですがプチプチと食感が堪りません。この外子のほかにも、内子と呼ばれるせいこがにの卵巣も美味。カニ身は少ないですが、他のカニにはない美味しさをもっています。

黄色のブランドマーク
「越前がに」の証、黄色いタグ。越前港、三国港、敦賀港で水揚げされ、市場で「最高の越前がに」と認定されたズワイガニ(雄)だけにこの黄色いブランドマークタグが脚につけられます。 このタグ、ただブランドを守るためだけにあらず、収穫されてもとれたてピッチピチの生きたカニ、身入りしっかり蟹ミソたっぷりのカニだけに許される証明というよりは褒め称えられるような勲章のようなもの。長年「越前ガニ」を見続けてきた目利き達が選りすぐった最高に美味しいカニなのです。正真正銘の美味しい越前ガニの証しです!

≪最高級品質の三国産・越前産の越前がに≫



越前ガニ うおたけ 越前ガニ 民宿 越前ガニ 昼食 越前ガニ 通販 越前ガニ 宿泊
越前ガニ 土曜スペシャル 越前ガニ 旅館 越前ガニ ツアー 越前ガニ 日帰り
旅館 越前がに 越前がに 食べ方 越前がに セイコ 魯山人 越前がに 越前がに 漁期 ミュージアム


posted by 美味しん簿 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド蟹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。