2007年11月12日

梅エキスで育てた安全で美味しい豚肉「天草梅肉ポーク」

梅エキスで育てた安全で美味しい豚肉「天草梅肉ポーク」
梅エキスで育てた安全で美味しい豚肉「天草梅肉ポーク」

天然の梅肉エキスを豚に与える独自の飼養技術で安全で安心、しかもおいしい「天草梅肉ポーク」。青梅と黒砂糖を混ぜてつけ込み3ヶ月ほど発酵させたエキスを開発、特許申請も認められました。梅肉エキスの最大の長所は豚に抗生物質や殺菌剤を投与する必要がなくなったことです。子豚の出世時から、抗生物質や抗菌剤などの投与を一切無くし、抗酸化作用を持つ天然梅肉エキスを与えています。豚肉の検査でも、抗生物質等は検出されていません。豚肉からのドリップ(汁)が少なく、ポークの肉質を調べてみるとPHが高くアルカリ性に近いため甘みがあること、脂肪酸が高くなって歯切れや舌触りがよく脂肪そのものもクセがない、また血中のコレステロールを減らし脳の活性化に役立つリノレン酸が普通の肉より多くなっています。梅肉エキスを与えて豚の腸の働きを活発にし、ストレスを減らして肉質を向上させた豚。あっさりした脂で、縮みが少なく、箸で切れるほどの軟らかさが特徴です。保存期間は普通の豚肉の約2倍と、とても優秀な豚肉です。



SPF豚とは?
Specific(特定)Pathogen(病原体)free(不在)の頭文字をとった略語で、特定病原体(トキソプラズマ、オーエスキー病、萎縮性鼻炎、豚マイコプラズマ肺炎、豚赤痢の5つの病気で豚の成長が悪くなったり死亡する病気です)をもっていない健康な豚です。SPF豚は元気で病気によるストレスがないので豚の発育が大変良いので添加剤に頼る必要がありません

天草梅肉ポークの特徴
穀物に梅肉エキスを混ぜて豚に給餌することで腸の働きが活性化し、ストレスの発生を少なくします。抗生物質や抗菌剤がゼロで安全・安心。豚肉の脂肪融点が高いため、はしでも切れるくらいやわらかい・くさみがない・舌ざわりがよいもち豚みたいに弾力のある肉に仕上がりました。また、リノレン酸が普通の豚肉よりも多いため、コレステロールの低減・脳の活性化・ガンの抑制・視力の低下抑制・アレルギー性疾患の抑制の効果があります。そして鮮度は普通の豚肉よりも長持ちします。

豚肉の主な効用
疲労回復、夏ばて、美肌、精神安定、動脈硬化に効果があります。

豊富なビタミンB
豚肉には三大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質)の代謝を助けるビタミンB郡が豊富です。そのなかでも豚肉には他のお肉と比べても数倍のビタミンB1がふくまれています(牛肉と比べたらなんと!10倍ものビタミンB1が含まれているのです)ビタミンB1はお米などの糖質の分解を助けエネルギーにかえるという過程で重要な働きをしますのでお米が主食のわたしたちに必要不可欠の栄養素といえます。またビタミンB1が不足すると集中力低下、疲労感、気分がふさぐ、イライラする、などの症状があらわれますのでストレスが多い現代人にはなくてはならない栄養素です

【豚肉に含まれているもの】

・牛肉の10倍の熱にも強いビタミンB1
・ビタミンB2(肥満予防に効果があります)
・たんぱく質
・脂質(カロリーが多いと思われがちですが、ばら肉以外は牛や鶏とほとんど変わりません)
・オレイン酸(悪玉コレステロールだけを減少させる働きがあります)



SPF豚 とんかつ SPF豚 ビジネス SPF豚 敷料 SPF豚 飼育方法
SPF豚 2005年 SPF豚 断面図


posted by 美味しん簿 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。