2007年11月06日

こんがり焼いた京都の伝統合鴨 こだわり京鴨のオーブン焼き

合鴨 京鴨

芳醇な肉質の京都産ブランド合鴨の、表面をこんがりと焼き上げた風味は最高です。

昔の人は美味しいことを「鴨の味」といったくらい美味しさや旨さの代名詞でもあった。その訳は一体何だろうか。 合鴨肉の目立った特長は皮下に厚めの脂肪層がついていることで、この脂肪が合鴨肉の美味しさ旨さと深く関係しているのだ。 常温液状の不飽和脂肪酸が多いため合鴨の脂肪は融点が26.8度と低く、体温で容易に溶け、食べて口当たりがよく、美味しくまろやかにする効果に多く関与しているに違いない。

栄養的に優れている一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は体内で合成できなくて食品から摂らなければならなく、そして悪玉コレステロール値を下げるなどの機能性を持った必須脂肪酸のαリノレン酸、リノール酸などの多価不飽和脂肪酸が他の食肉類に較べて多いことが知られている。

≪こんがり焼いた京都の伝統合鴨 こだわり京鴨のオーブン焼き≫

合鴨農法 合鴨 レシピ 合鴨料理 合鴨ひろゆき 合鴨米 合鴨ロース
合鴨肉 合鴨スモーク 合鴨鍋 鴨池中 合鴨会


posted by 美味しん簿 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。