2007年11月06日

冬の味覚の王者「松葉がに」

松葉ガニ

淡白な中にも深い味わい、甘くて上品な、そしてギュッと口にほおばると心地よい弾力性があって日本海の贅沢な旨みが濃縮されているかような冬の味覚の王者「松葉がに」

松葉カニとは、山陰・日本海側(島根県、鳥取県、兵庫県、京都府)で水揚げされた「ズワイガニ」の総称です。関西の人は「松葉カニ」、関東の人は「ズワイガニ」と呼ぶことが多いようです。日本はこの松葉カニ(ズワイガニ)の大消費国でして、「冬=かに=高級食材」というイメージがすっかり定着しています。とはいえ現在、「松葉カニ」や「ズワイガニ」といった呼び方はかなり混乱しており、山陰では「間人がに」「津居山がに」、越前では「越前がに」などと、その地域でとれたズワイガニだけに「地域名」をつけて、独自のブランド化を計っています。山陰でとれた「松葉カニ」では、年々、港によっては松葉カニ(ズワイガニ)に独自のタグや印(その地域で水揚げされたことを証明するもの)を付けるのが増えています。

◆松葉ガニとは?・・・ 山陰沖で獲れる成長した雄のズワイガニのことを「松葉ガニ」と呼びます。漁場が近く、生きたまま港に持ち帰れる事が松葉ガニの旨さの秘密。日本海のうまみが凝縮され、甘くて上品な松葉ガニは、全国に高級ブランドとして珍重されています。

◆松葉ガニの名前の由来・・・ 「松葉ガニ」の名前の由来は、細長い脚の形や脚の肉が松葉のように見えるからという説、脚の殻をはいで水につけると松葉のように広がるからという説、漁師が浜まで大鍋を据え松葉を集めて燃やしたからという説など、諸説ありますが、いずれも定かではありません。

◆漁場について・・・ 漁は寒さが厳しくなり海が荒れる冬場に行われます。それは松葉ガニが一番美味しいとされる時期のため。

◆おいしいカニの見分け方・・・ 甲羅が固く、持ったときにずっしりと重いものが身入りがよいです。脚が脱落したカニは見た目は悪いですが、味には影響はありません。カニの中に甲羅に丸い茶褐色のもの(カニビルの卵)が付着しているものがあります。これはカニに全く影響はなく、むしろ脱皮してからの期間が長いことを表しており、身の詰まったものが多いのです。

≪初競り高級松葉ガニを最速でお届けします★おまけ付≫



松葉ガニ 食べ方 松葉ガニ 旬 松葉ガニ 漁期 松葉ガニ 水揚げ
松葉ガニ シーズン 松葉ガニ レシピ


posted by 美味しん簿 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド蟹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。