2007年11月05日

北の大地が生んだ美味さの逸品「前沢牛」

前沢牛

北国の大地が育んだ旨さの逸品
「肉の芸術品」ともいえる前沢和牛は、内陸性の穏やかな気候と豊富な水に恵まれた岩手県丹沢郡前沢町で一頭一頭丹精をこめて育てられた最高の和牛です。鮮やかな霜降りの肉の”旨み”。きっとご満足いただけることでしょう。

全国銘柄牛コンテストで、グランドチャンピオンを受賞
全国肉用牛枝肉共励会で最高の栄誉賞(日本一)を昭和61、62年と平成2、3、4、5年の4年連続、平成11年の計7回受賞しました。他の銘柄牛には例のないこの栄誉。日本一の牛といえるでしょう。

前沢牛とは・・・
前沢牛とは単に、前沢で生産された和牛のことではありません。東京食肉市場において公認鑑定士の厳正なチェックにより認定された最上級のもののみを言います。

前沢の血統
理想的な体型をもつ島根県産の黒毛和種の雌牛と、霜降りのよく出る兵庫県産の雄牛との交配により、肉質の改善を図ってきました。

旨さの秘密・・・
前沢は、岩手の冷涼で内陸性の穏やかな気候と、奥羽山脈からの豊富な水という、稲作と畜産に恵まれた土地です。前沢牛は美味しいわらを適当に乾燥させた最良の状態のものを食べることができます。子牛ころから愛情と技術を注ぐ飼育農家の努力こそ旨さの秘密です。

牛肉の香り
牛肉の美味しい理由の一つは香りです。黒毛和種は他の種類の牛に比べ、風味が良いことで知られています。また、同じ黒毛和種の銘柄牛と比較した場合、前沢牛は特に香り成分を多く含んでおり、香ばしさの点で優れています。

≪肉の芸術品「前沢牛」をリーズナブルに≫



posted by 美味しん簿 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | ブランド牛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

前沢牛の美味しいはなし
Excerpt: 前沢牛は最も権威のある牛肉の品評会で4年連続を含む6度も日本一に輝いた。 民謡の「南部牛追い唄」にも唄われているとおり、前沢町は昔から牛とは縁深い土地柄です。 前沢町の冷涼で内陸性の穏やかな気候と..
Weblog: 牛肉の美味しいはなし
Tracked: 2008-05-16 18:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。